Kアリーナ横浜  座席・ キャパ(収容人数)やアクセスガイド!

  • 2024/05/19

*当サイトは記事内に広告が含まれています。


2023年9月29日、世界最大級2万人規模の音楽に特化したアリーナ「Kアリーナ横浜」がオープンすると発表されました!

大好きなアーティストのライブ参戦前に、会場への行き方や会場キャパなど調べることがたくさんあると思います。

ここではKアリーナ横浜へのアクセス情報やおすすめの周辺ホテル、コンサート開催時の座席表からキャパ(収容人数)などの会場詳細をまとめています。

Kアリーナ横浜  2023年9月29日オープン!

Kアリーナ横浜とは、ケン・コーポレーションが 開発中のみなとみらい21地区で大規模複合開発の「Kアリーナプロジェクト」の中の一つで、世界最大級の音楽特化型アリーナ会場です。

ミュージシャンが立つステージをどの客席からでも見えやすくするため、三層構造となるスタンドの全席がステージ正面を向いた扇形のホールを採用し、迫力あるパフォーマンスと場内の一体感が味わえます。

9月から12月には「Kアリーナ横浜グランドオープニングシリーズ」と題して、多彩なジャンルのライブやコンサートが開催されます。また広場を活用したイベントも行い、オープニングを盛り上げていく予定になっています。

Kアリーナ横浜のこけら落とし公演は「ゆず」

ゆずが、こけら落とし公演『YUZU SPECIAL LIVE 2023 in K-Arena Yokohama』を9月29日(金)・30日(土) に開催されました。

こけら落とし公演は、初日を「DAY1 BLUE × FUTARI」、2日目を「DAY2 RED × ALL STARS」と題して開催。1日目はゆずのふたりによる弾き語りライブ、2日目はフルバンド編成によるライブが行われました。


帽子

楽天市場

Kアリーナ横浜へのアクセス

・「新高島駅」徒歩5分
 
・「横浜駅」東口から徒歩9分

Kアリーナ横浜の最寄り駅は「新高島駅」

最寄りの新高島駅から徒歩5分と駅から近いのはとてもありがたいですね。

また、横浜駅からも十分近いので、遠方からライブに参戦する方にとってもかなり行きやすい会場の一つになるのではないでしょうか。

実際は人混みが予想されるためもう少しかかると思うので、時間には余裕を持っておくと良さそうですね!

Kアリーナ横浜からの帰り方

公演後はかなりの混雑の声が多数あります。特にレベル7からは外に出るまでもかなり時間がかかるようです。横浜駅まで90分かかった人もいるようです。

駅までの道も列が続くので、終電など時間はかなり余裕を持っておくようにしましょう。

レベル7にあるバーで混雑が解消するまで時間を潰すのが快適!という声も見受けられたので、ライブの余韻に浸りながら時間を過ごすのも良い選択かも!

Kアリーナ横浜の駐車場

Kアリーナ横浜に駐車場はありますが、大規模ライブの場合、当日の駐車場はとても混みます。

・車で来場したいのに駐車場探しにいつも困っている。

・施設に駐車場があっても混雑していて道路も大渋滞。

そんなあなたには、お出かけ前に予約できる軒先パーキングがおすすめ!空いている近隣の月極駐車場や、住宅の駐車場を見つけられるかも!!

→予約ができる軒先パーキングを見てみる


Kアリーナ横浜 周辺ホテル5選

・ライブ前後に宿泊して観光も楽しみたい!
・ライブ後の終電を気にせず満喫するためにホテルを予約しておきたい!

そんなあなたへおすすめの周辺ホテルを5つ載せておきます。

*また、Kアリーナ横浜に併設されるツインタワーのホテル棟「ヒルトン横浜」が2023年9月24日に開業します。



JR桜木町駅南改札東口より徒歩約1分


JR桜木町駅より徒歩1分。全室バス・トイレセパレート。


JR桜木町駅より徒歩1分。完全禁煙ホテル。海側眺望の感動夜景がウリ。


JR桜木町駅東口より徒歩8分。全室46階以上のハイフロア客室。美しい横浜の街並みや海が一望できます。


JR桜木町駅徒歩9分。地上35階、地下2階2311室の超大型ホテル。宿泊者無料大浴場有




食事するなら新高島駅・横浜駅周辺がおすすめ!

Kアリーナ横浜近くには新高島駅・横浜駅があります。

新高島駅・横浜駅周辺には、飲食店も多数あるのでライブ前後の食事に最適です!新高島駅・横浜駅周辺で予約できる飲食店をまとめたので参考にしていただけると幸いです!


Kアリーナ横浜の座席とキャパ(収容人数)

Kアリーナ横浜のキャパ(収容人数)は最大で20,033人です。

座席は、ステージ前方のアリーナに加え、三層構造となるスタンドの全席がステージ正面を向いた扇形になっていて、迫力あるパフォーマンスと場内の一体感が味わえます。

アリーナ

・レベル1=アリーナ席

スタンド

ロアースタンド・ミドルスタンド・アッパースタンドと三層構造の設計になっています。

・レベル3(メインエントランスのあるフロア)=ロアースタンド
・レベル5=ミドルスタンド
・レベル7=アッパースタンド

という風に各階層をレベルで分けています。

どの席からも正面にステージが見えますが、レベル7では座席によってバックステージが見えにくいなどの声もあります。

レベル7最後列と東京ドームの2階スタンド最後列は同じ高さらしいので、距離がかなり感じられそうですね。

「めちゃくちゃ遠い…」座席に不満を感じたあなたへ

「チケットを発券したらめちゃくちゃ遠い…」

私もライブでドームの天井だったことがありましたが、双眼鏡を手に入れてからは状況が一変し、遠い席でもより近くに感じられるようになりました。

とても楽しみにしていた1日を存分に楽しめるようにぜひ備えておきましょう。私のおすすめの双眼鏡はこれ。

Kアリーナ横浜のイベントスケジュール

アーティスト名がリンクになっているところは、ツアー詳細をまとめているので合わせてチェックしてみてください!

5.18 SAT -5.19 SUN TM NETWORK
5.25 SAT -5.26 SUN XG
6.1 SAT -6.2 SUN NiziU
7.6 SAT -7.7 SUN 水樹奈々
7.13 SAT -7.15 MON Kep1er
7.20 SAT -7.21 SUN 稲葉浩志
8.3 SAT -8.4 SUN ラブライブ!スーパースター‼ Liella!
8.10 SAT -8.12 MON SEKAI NO OWARI
8.27 TUE -8.28 WED 超特急
8.31 SAT -9.1 SUN 宇多田ヒカル
9.28 SAT -9.29 SUN back number
10.12 SAT -10.13 SUN Ado
11.9 SAT -11.10 SUN あいみょん

まとめ

ライブで使われる主な会場情報や、日程ごとのライブ情報をまとめているのであわせて読んでみてください。ライブ参戦の参考になると幸いです。


© 2021 yukko-web